www.dominiquewehrli.com

バイク教習の思い出

私がバイクの免許を取ったのは20歳の頃でした。
18歳で車の免許は取得したのですが、マニュアル教習だったのにも関わらず、あまり苦労せずにスムーズに教習が進んだ私は、バイクの免許も簡単に取れるだろうとたかをくくっていたのです。
ですが、初日に教習所へ行くと最初に言われた言葉が「うちは女の子には厳しくいくから」でした。
え?普通逆じゃないの?と思いました。よく知らない場合はバイクの買取を試してみませんか?

 

ところがその言葉通り、教習は本当に厳しいものでした。
同時に入校した男性がすいすいと進んでいくのに対し、私はいつまでもギアチェンジと取り回しの練習でした。
スラロームも一本橋も決して下手ではないと思うのに、なかなか可をもらえませんでした。
結局、追加教習を10回近く受けて、4ヶ月近くかかりようやく最終試験に合格しました。
その時は本当に嬉しかったのを覚えています。
後で教官から聞いたのですが、女性はバイクに乗り、万が一事故で顔に傷でもついたら、後悔してもしきれないことになる。
なので、そこの教習所では、女性には男性の数倍厳しくしているとのことでした。
教習中は何度も嫌になったりしましたが、諦めなくて良かったと思えた瞬間でした。